salmosax note

音楽家・山内桂 の雑感ページ

女性性

50年近く前、バンドもオーケストラも即興演奏も新鮮で純粋に作って挑んでいた。40年ほど前大分に移住してからのバンド「パッチワークス」や、2008年の「サルモサックスアンサンブル」などなどでは、楽譜とかルールを通して各人が感性をいっぱい出してくれることを希んできた。そう来たか、そんな音が、みたいに。完全にルールのない「即興演奏」においても相手が自分の本性から音を出すのを期待している。

いまの時代は、例えばある曲を練習するのに、既音源のネタをみんなで聴いて音合わせするようだ。すでにあるイメージを再現、それもいいけど、せっかく人が持っている感覚の音を永遠に封印していないか。ぼくにとって「一回性」は宇宙の宝に思える。

 

ぼくはアマチュアの心で世界に通じる音楽を目指してきた。そうしてメンバーを引き上げる作業を続けた。いやそうではなく、従来のやり方の外に出ることを促していたのだろう。テクニックでも特殊性でもなく、感情や意識の奥にある素直さを求めた。それがその人の音だから。

結局ぼくのやり方は時代にそぐわないままだ。今までやってきたグループは楽しかったものの、音に予兆を感じつつも実現には至らなかった。

 

宇宙的に女性の時代に変わったと言われている。ぼくは28年間呼吸法をやり続け身体や感性を女性に近づけようとしてきた。

20年前に脱サラして、音楽界美術界あらゆる世界が権威と力で成り立っているのを理解していった。自分の感覚を忘れ、人やモノそれ自体を自分で評価できない人々。音楽は音の中を観るものなのに、多くの人々は音楽を見てはいても聴いていない。

男対女という対立構図でもなく、女だけでなく男の中にもある女性性を引き出す時代。リーダー不要、依存しない自立の時代。

 

ぼくの映画「水の叙情詩三部作」でもそんなことを描かされた。

道具も技術も知識も意図もなく始めた映画制作。パソコン上でコマをドラッグしていく作業はタロットのようであり、夢中で撮り続けた膨大な水の表情たちはカードだった。そのカードや配置などから来るインスピレーションで自分の中のストーリーを知らされていった。今のこの世界が三部作の筋書きで動いているとすればおもしろい。

https://salmosax.com/cnm.html

 

なにかわからずただ違和感を頼りに感性でやってきたことが、ここに来てけっこう地球の流れに合致してきたような気がする。これから来る時代を求めていたのかな。ぼくや山﨑昭典との「サガイン」はそこに向かう。

 

コントラバスサックス

20年ほど前に突然23年半のサラリーマン生活に終止符を打ち、以後渡欧を始めた。パリの楽器店でバリトンサックスの更に1オクターブ低音のコントラバスサックス(tubax/チューバックス)を試奏、、、出会ってしまったのだ。

1999年開発設計とあるから、誕生してまだ間もなかったようだ。従来の他社製品に比べて小型化軽量化簡素化され、さすがドイツ製だった。音も良く楽に吹けた。大分はもちろん、全国でも多分数本しかない楽器だ。帰国後しばらく購入を考えたが経済的に断念。

 

その後、音楽活動の当然の結果お金が底をついて、それまで以上に節約を強いられてきた。そんな日々から学んだことは多く、ますます自分の価値観も変わり世界の仕組みもわかってきた。自分が「生かされた存在」との自覚も更に進んだ。そうした中、少しづつ貯金をしてきた。

 

2年前にふとチューバックスをネット検索していて製作本社(Eppelsheim )にメールしたところ返信が来てしまい、ついには予約注文をしてしまった。受注生産だ。おりしもコロナ禍の初期。そんな時期に貴重な貯金で買い物をする自分が妙に嬉しく誇らしかった。やはり運命というか溜めてきたお金はこのためだったのか。あるいは自分の潜在意識の具現化なのか。

 

純粋に音を探り作る音楽で得られる収入は知れている。どんなに世の中が変わろうと、今世に音楽活動で得るお金がこの楽器の金額を上回ることはないだろう。でもこの人生で音楽ができない生き方だけはいやだと思った翌日会社に辞表を出したのと同様、この大切な人生において、チューバックスを手に入れて演奏したいという衝動は尊く、その気持ちをもう否定したくもなく、それはなにかの示唆でもあろうし、それに従うのが人間本来の生き方だと思う。

 

奇しくも一般に最高音域のソプラニーノサックスのソロ録音を終えてCDリリースが決まった時期に、一般に最低音域のチューバックスの購入を迎える不思議さ。楽しい。

 

注文から2年が経ち楽器が完成するとの通知が来た。この期に及んでコロナの影響や円安や送金方法などでストレスを感じている小心者でもある。

 

ソプラニーノサックス

ソプラニーノサックス(以下sn)。アルトサックスの1オクターブ高音。

 

10年程前にsnでできたオリジナル曲の録音に何度か挑戦したもののうまくいかなかった。録音場所にこだわって曲が生まれた山の現地で行ったため、飛行機や車の雑音が入ったり、その他もろもろ障害が起きた。それ以来気乗りせず時間が過ぎた。

 

コロナ禍で停滞気味の空気感にいて、今のままではいかんと急遽決断し 数日後の 2/202/22 に屋内録音した。久しぶりのレコーディングで機材的支障もあったりもたついたが、演奏はスムーズに進み各曲3テイク位し終えた。

その後イメージも膨らみ全体の構想も決まり、それに基づいて選曲と編集をした。

仮音源でデンマークのレーベルからも快諾され、多分年内にCDリリースされる。

 

事が動く時ってこんなものなんだろうな。

 

サックスソロのみのCDはぼくも2枚出しているものの、一般的に多い訳ではなく、まして高音域のsn無伴奏ソロのみによるCDは世界的にもないかもしれない。

楽譜に書き表せない曲などを含めた曲集で、ちょっぴりストーリー性のある作品になった。テーマは「モリ」と言っておこう。

お楽しみに。

愛用のソプラニーノ

Salmosax!

ぼくのサックスたち(HPより)

 

冒険・探検の人生

ぼくはけっこう冒険・探検の人生を送ってきた。

 

山スキーは就職してから始め、全国の主な山々を独りで登り山頂から滑ってきた。そんな人が周囲にいるわけもなく独学だった。最初のシーズンは山スキーで歩き登り、ピッケルや雪中泊訓練、2シーズン目はスキー場で徹底して滑りまくり、いきなり北アルプスに臨んだ。

https://salmosax.com/mt.html


渓流のフライフィッシングも同じ時期に始めた。当時山岳でそれをしている人はほぼおらず試行錯誤だった。宮崎大分をメインに全国にヤマメやイワナを求め、アラスカとニュージーランドにも足を伸ばした。

 

いずれも既存の路はなく、自分でルートファインディングしあるいは路を作り崖や滝を超え、知識と経験と勘で危険を予測察知し、その結果得る渓魚や登頂と滑降は至福だった。

 

音楽は中学高校以外は概ねやってきた。大学から始めた即興演奏も自分で音を探す行為。音の中=エネルギー=魂、を視る。ルールも自分で作る。五線紙に書く作曲も即興も全部自分の音。既知の曲の演奏も自分にとって最良の音・演奏を瞬間瞬間に探す。

そしてやはり既存の路は歩まない。

 

山スキーも渓流釣りも音楽も結局自由を求めてきた。というより人間は本来自由なので、本心の欲求による正直な行為行動は創造になり、全て冒険・探検なのだと思う。

そんな当たり前のことをしているだけなのだが、自分の音楽(Salmosax)の説明をなかなか理解してもらえない。

「自分の音楽を探り作っている」と言うことばだけで通じる世界を求めている。みんなが自分の冒険・探検を楽しむ世界を。

米増博俊(サガイン)

7月2日、米増(博俊)くんが逝ってしまった。これで闘病からも自由の身になった。
ぼくが松山から大分に移り住んでまもなくの1987年、パッチワークスというヘンテコなバンドで音楽活動を再開した時のレギュラーベーシストだった彼は、まだ学生だった。

卒業後彼は大分を離れ、再び戻った彼とギターのヒューとでバンド「サガイン」を組んだのが2016年。そしてその秋だったか、練習の折に癌のことを知らされかなり衝撃を受けた。以降彼は公演や練習の参加が難しくなり、倒れそうになってベースに寄りかかりながら演奏したこともあった。が、彼は本当に演奏することが好きだったし、生きる励みにもなっていた。
ギターが山﨑昭典に変わってからサガインの活動は県外海外に広がった。かれの参加は大分限定としていたがそれもままならず、その時の体調次第という状況で続けてきた。今年5月の九州ツアーでは初日の大分と最終日の福岡に参加。初の県外が彼にとっても最後の演奏になった。余命宣告数ヶ月だったのに5年もがんばった訳だ。


彼の唯一の公的記録になったサガインCD「アキ」を聴いている。彼の冒険心あふれるベース演奏が好きだった。 

合掌。

 

f:id:salmosax:20180409222217j:plain

f:id:salmosax:20210710005902j:plain

f:id:salmosax:20210710005931j:plain

f:id:salmosax:20210710005953j:plain

 

西野流呼吸法とサックス

以前にも書いたが、ぼくは西野流呼吸法を27年やっていて、この9年は大分で西野流呼吸法大分県塾生交友会を主宰している。
肺呼吸でも腹式呼吸でもない足芯呼吸で、自分の身体そのものや身体のさばきを音(サックス)のために変えてきた。

気を巡らすことで細胞を活性化して免疫力を高め健康になる一方、身体の軸を作り緩めることで天地に繋がり、柔らかい(波動の高い)パワフルな音が出せるようになる。そして紙面に書けない事ごとも起きてくる。
筋肉に頼る硬い身体(柔軟性ではない)は気が通らず、固めた身体は暴力的だ。ぼくの場合筋肉を落としすぎた弊害もあるけど、それも身体を使ったチャレンジとして試行を続けている。

呼吸法で多くのことに目覚めてきた。突然の脱サラもそのおかげだ。音楽活動が続けられているのも。そして力の世界から遠ざかった。まだ見えないけど新しい(本来の)音楽創造や音楽のあり方に近づいている。今までの技術や知識など常識の外に。自然に接し温泉に入って楽器も触れずのんびりしてるだけみたいだけどね。

色んな世界や方法があっていい。楽譜初見で演奏できるのもいい。1日練習しないと戻るのに3日かかる世界もいい。
ぼくは即興の時は楽器の慣らしもせず、本番でいきなり出る音が不完全でもそれが正解として演奏する。
曲の時はそうもいかないけど、、、例えばひと月楽器に触らなくても演奏に支障をきたすことはない(ってみんな信じられるかな?)。それって、従来の努力は人の能力を落としかねないのか?
呼吸によって自然(=地球=宇宙=自分)とつながる身体が発する音楽(=生きる)。お金や力を目的にした音楽はエゴであって好きでない。

ところで、、、コロナはみんながマスクをはずせば終息する(=自分を生きること。みんなではずせば怖くない、ではない!)。これも呼吸法を通して得た智恵のひとつ。

告白めいた文章になった。これからも非常識なチャレンジを続け奇跡を楽しむ。
興味がある方は交友会の体験にどうぞ。
https://salmo.hatenablog.com

f:id:salmosax:20180531194311j:plain

f:id:salmosax:20200112203534j:plain

f:id:salmosax:20210613001748j:plain